Stay&Travel

撮るだけでインスタ映え!東京近郊のグランピングスポット6選

近年施設がおしゃれだったり、可愛かったりとインスタ映え、写真映えするのと、泊まりながらキャンピングを楽に楽しめることで話題になっているグランピング。グランピングの人気と共にグランピング施設も日本各地にオープンし、より気軽にグランピングが楽しめるようになりました。今回はそんな増えてきているグランピング施設の中で東京から3時間以内で行けるインスタ映え、写真映えするグランピング施設を紹介していきます!

グランピングとは

グランピングとは、グラマラスとキャンピングを組み合わせた言葉であり、写真を見てわかるようにキャンプに、より魅了的な要素を加えたことを指します。
グランピング施設ではキャンプ道具や食材などが用意されているため、準備が大変なキャンプを気軽に華やかに楽しめるようになっています。それに加え写真映えすることで、より話題になっています。

インスタ映えするグランピング施設6選!!

snow peak glamping 京急観音崎(横須賀)

snow peak glamping 京急観音崎 公式サイト

最初に紹介するのは東京駅から電車で約1時間30分、神奈川県横須賀にある「snow peak glamping 京急観音崎」です。
アウトドアブランドのsnow peakが手掛けているグランピング施設の為、スノーピーク製品に囲まれた贅沢なアウトドア体験が可能です。またモバイルハウス「住箱」は隈研吾氏がデザインを手掛けておりSNS映え間違いなしの施設です!
隣接する温浴施設SPASSOを無料で利用できたり、周辺にはSUP体験など様々なアクティビティも体験できます!

ETOWA KASAMA

ETOWA KASAMA 公式サイト

続いて紹介するのは東京駅から電車とタクシーを利用しながら約1時間30分、茨城県笠間にある「ETOWA KASAMA」です。

自然が豊かな森の中にある施設であり、都会の喧騒を忘れる事ができます。4種類の建物があり、その中でもGrace Tentは写真映え間違いなしです!

O PARK OGOSE BIO-RESORT HOTEL&SPA

PARK OGOSE BIO-RESORT HOTEL&SPA 公式サイト

3つ目に紹介するのは東京駅から電車とタクシーを利用しながら約1時間30分、埼玉県入間郡越生町にある「O PARK OGOSE BIO-RESORT HOTEL&SPA」です。
サウナキャビンやドームテントなど様々なタイプの宿泊施設があり、とても1泊しか止まらないのは勿体無いくらいどれも特徴があってそそられます。また、温泉や体験などの様々なコンテンツが揃っていて1日いても飽きなそうです。

杓子山ゲートウェイキャンプ

杓子山ゲートウェイキャンプ 公式サイト

4つ目に紹介するのは東京駅から電車とタクシーを利用しながら約2時間30分、山梨県富士吉田市にある「杓子山ゲートウェイキャンプ」です。
こちらの目玉はなんと言っても富士山の絶景です。早朝、日中、夕暮れから夜まで天気さえ良ければいつの時間でも写真映えのチャンスを狙う事ができます!
富士山が見える壮大な自然の中でグランピングをするのも楽しそうです!

温泉グランピング シマブルー

温泉グランピング シマブルー 公式サイト

5つ目に紹介するのは東京駅から電車とバスと徒歩で約2時間30分、群馬県吾妻郡にある「温泉グランピング シマブルー」です。
四万温泉が近くにあるためグランピングをしながら温泉も楽しめます。食材も群馬県産の食材にこだわっているためグランピングで作る料理もきっと美味しいです!
美味しいものを食べて、温泉で癒されることで体の内からも外からも癒される事間違いありません!

TOWAピュアコテージ

TOWAピュアコテージ 公式サイト

最後に紹介するのは東京駅から電車とバスで約1時間30分、栃木県那須郡にある「TOWAピュアコテージ」です。
那須ハイランドパークと隣接しているため日中は思い切り遊んで夜はグランピングと1日中楽しむ事ができます。ピュアコテージは透明なので室内で星空を見ながら眠る事ができます。また森の中で暖色な光と可愛らしいドーム型のコテージは写真映えします!

いかがでしたか?
東京から3時間以内でなおかつ写真映えするグランピング施設はたくさんあります。
長期休みでリラックスに行ったり、冬の星空が綺麗な時期に行ったり時期やどういうことをするか考えるだけでもワクワクしますよね!
ぜひ参考にしてみてください!